MENU

    おすすめ音声コンテンツ&チャンネル

    コロナウィルスの影響によりロックダウン中のオーストラリア。
    その影響で不要不急の外出は禁止だし、仕事をお休みになったり、シフトの時間が削られたりと、おうちにいる時間が増えた方もおおいのでは?
    (この記事をアップしようと思った時からだいぶ時間が過ぎて、私の住んでいるクイーンズランド中では来週からロックダウンの規制が少し緩和されるとのこと。)

    私もその中の一人。そんな暇を持て余している私の中で最近のブームが、音声コンテンツです。
    YoutubeやNetflixもいいんだけど映像コンテンツは視覚を使うので媒体の前に座ってお菓子をモグモグっていうスタイルが私の基本なんですけど、音声コンテンツは聴覚だけ意識していればいいので料理しながらとか、ストレッチしながらとかっていう、ながらリスニングができるのもイイところ!
    音声コンテンツってあんまり日本人には人気がない?(少なくとも私の周りではみんな興味持ってない。)みたいなんですけど、アメリカでは定番であり、オーストラリアでも利用しているっていう人、結構多いです。
    そこで、最近私がハマって利用している音声コンテンツアプリとその中のチャンネルをご紹介いたします!
    最近は芸能人が参入していたり、趣味や英語に特化しているチャンネルもたくさんあります。

    私がインストールしているアプリはPodcast、VoicyStand FMの3つ。

    Podcast(ポッドキャスト)

    音声メディアといえば、ポットキャストを思いつく人が多いのでは。
    元々はAppleにしかなかったが、のちにgoogleも参入し、去年からはSpotifyも参入。
    私はアンドロイドを使用してるんですが、いくつかのチャンネルがgoogle podcastからは配信されてなくて、spotify内のポッドキャストでは配信されてるということがあったので(google podcastだから?apple podcastだと大丈夫かも。)、私の場合はこちらのspotifyのポッドキャストチャンネルをサブとして利用しています。

    Voicy(ボイシー)

    2016年にリリースされた音声メディアアプリです。最近芸能人の参入も多いです。
    こちらはリスナーからのコメント発信や閲覧ができます。

    ビジネスの専門家やその道のプロ、ミュージシャンや著名人など、厳選されたパーソナリティによる“声のブログ”やニュース、ラジオのような放送が聴ける新しい音声メディアです。魅力的で面白い放送をしていただけるパーソナリティと、放送を支えるスポンサーも募集しています。

    Stand FM(スタンドFM)

    こちらのアプリは、音声配信者へ「いいね」したり匿名で質問やメッセージを送ることができますプラットフォームがあります。他の音声メディアアプリではアプリ内に配信者へ直接メッセージを送るというものがないので、ツイッターやメールなどでお便りを届けるというのが多いみたいです。

    スマホだけで自分のラジオ番組が作れる!stand.fmはスマホ一台で音声コンテンツの収録と配信を行うことができる音声プラットフォームアプリです。

    ここからは私のオススメするチャンネルを紹介しま〜す。最近音声コンテンツにハマりすぎて、オススメしたいチャンネル多いから、この記事では英語に特化しているチャンネルを紹介しま〜す。英語チャンネルはpodcastが多めだよ。

    Go Go エイブ会話 (podcast)

    パーソナリティ:英語を母国語とするエイブさん、日本語を母国語とするヨシさん
    エピソードの配信時間:30分〜1時間
    配信頻度:不定期 週1〜2エピソード
    英語レベル:初級〜中級


    英語と日本語のミックス会話で話が進んでいくのですが、二人のキャラが濃い!!!エイブさんのギャグは日本人の私でもゲラゲラ笑えるくらいセンスが光っているし、ヨシさんは「絶対この人性格いいだろうな」って思わせられるような物腰の低い優しい話し方が私的にとってもイイ!
    このチャンネルは数ヶ月前に見つけたけど、更新率も高いし、現時点で300以上のエピソードを配信していて2016年から続いているそう。リスナーからの英語に関する質問や、strange news(世界のおもしろニュース)の紹介など飽きさせないバラエティに富んだチャンネルです!

    バイリンガルニュース (podcast)

    パーソナリティ:英語を母国語とするマイケルさん、日本語を母国語とするマミさん
    エピソードの配信時間:1時間半〜2時間
    配信頻度:毎週金曜日
    英語レベル:中級〜上級


    毎週金曜日に配信されており、二人が世界で話題のニュースを独自のバイリンガル会話形式で話していきます。1エピソードは1時間半ほどでピックアップされるニュースも面白いし、て二人がハッキリと意見をぶつけ合う(たまに険悪なムードが漂う時も。笑)ので、リアルな英会話が聞けます。
    こちらのチャンネルも2013年からと随分と前から配信されているようで、現時点で400以上のエピソードが配信されています。

    Smith And Tanaka (podcast)

    パーソナリティ:英語を母国語とするスミスさん、日本語を母国語とするタナカさん
    エピソードの配信時間:45分〜1時間
    配信頻度:不定期 週1エピソード
    英語レベル:初級


    こちらのチャンネルは先に紹介した二つのチャンネルと違って会話のベースは日本語で進んでいきつつスミスさんが丁寧にタナカさんの英語を直してくれます。タナカさんの英語はお世辞にも上手いとは言えないのですが、日本人がやりがちな誤った英語の使い方などをしてくれるのでスミスさんがすかさず指摘してくれて学びになります。英語上級者には物足りなさを感じてしまうかも?ですが、話の内容は下ネタも有りきで二人のやりとりも面白ろおかしくて聞いてて楽しいです。タナカさんのボイスが何気に好きです。(笑)

    台本なし英会話レッスン (podcast)

    パーソナリティ:英語を母国語とするネイトさん、日本語を母国語とするそーたさん
    エピソードの配信時間:45分
    配信頻度:不定期 
    英語レベル:初級〜中級


    こちらのチャンネルは毎エピソード、リスナーからのリクエストお題があり、アメリカと日本のあらゆる文化の違いなど、そのお題に沿って二人が会話をしていきます。基本的にネイトさんは英語のみ、そーたさんは日本語と英語を交えて会話が進んで行き、「英会話フレーズ」「文法解説」「発音」などを楽しく学べます。リクエストのお題は興味深いテーマが多く新しい発見があります。たまに、ネイトさんがひとりで配信するエピソード回もあり、その場合は全英語になりますがクリアな英語なので聞き取りやすく、日常会話にとても役立つフレーズなどの解説をしてくれます。

    Hapa英会話 (podcast)

    パーソナリティ:日米ハーフのジュンさん
    エピソードの配信時間:30分
    配信頻度:毎週金曜日
    英語レベル:初級〜中級


    こちらのチャンネルは既に知っている方も多そう。
    チャンネル内容は、ネイティブ二人が会話をするなかで、そのリアルな会話で使用されたリアルなフレーズを英語と日本語で説明、またその応用を聞かせてくれます。リスニングに自信がなくても、エピソードの配信と共にスクリプトもオンラインで見ることができるので、復讐することもできます。エピソードの配信時間も長すぎず短すぎずでちょうどよい◎

    アルク公式 (voicy)

    エピソードの配信時間:5分
    配信頻度:毎日
    英語レベル:初級〜中級


    英語学習者なら聞いたことはあるキクタン英会話で有名なアルクの公式チャンネルです。毎日更新されますが、他チャンネルと違い過去エピソードは残らないことに注意です。気になった単語やフレーズがでたらその日のうちに聞き直す必要がありますが、「英語で泣けるちょっといい話」は有名な話なのでオンラインにスクリプトを見つけられると思います。

    おすすめは以上となります。また他にも新しいチャンネルを発見したら随時更新していきますね。
    これらの音声コンテンツはyoutubeのような煩わしい広告も入ってこないのもいい。
    時間を持て余している方、これから留学予定の方、移動時間が多い方など、時間を有効に使いながら楽しく英語を繰り返しリスニングして英語に慣れていく方法として音声コンテンツを利用するのはいかがでしょうか?

    よかったらシェアしてね!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる