MENU

    オーストラリアで歯列矯正①

    長年の悩みであるガタガタの歯にさよならするため、オーストラリアで矯正を始めました。矯正前にオーストラリアで矯正している人を参考にしようと思っていたけどあまりそういった記事が見つからなかったので、私の実体験を元にこれからオーストラリアで矯正をしようと思っている方の参考になればと思います。

    まず私が矯正始めようと思ったきっかけは、肉やナッツ系を食べると100%の確率で食べかすが挟まってしまい、そのままでは気持ち悪いのでいつも陰ながらに爪楊枝で取り除くという行為がめんどくさい!と思ったのと、なんといっても見た目をベターにしたかったからです。それに、オージーみんな歯並びいいですよね。周りの友人が始めたのをきっかけに私も意を決して始めることにしました。始めるにあたって、セカンドオピニオンも聞きたかったので2箇所のクリニックへ行ってきました。

    オーストラリアでは普通の歯医者と歯科矯正クリニックが別になります。

    通常の歯科クリニックはDentist

    歯科矯正クリニックはOrthodontist


    <クリニックAの場合>

    こっち(オーストラリア)で矯正したよ、という日本人の友人の紹介でまず一つ目の矯正歯科院へ電話をかけて予約を入れました。そこでは事前に歯のレントゲンを撮って持ってきてね、とのことで、電話を切った数時間後にQ scan radiology clinicsというところから電話がかかってきて行ける日を予約しレントゲン写真を受け取ります。

    レントゲンを持ち、クリニックAへ。待合室で問診票を記述して、名前を呼ばれて小部屋へ案内され最初は矯正の紹介をするビデオを5分ほど流され1人で待機。そのコーディネーターの女性から説明を受け、ドクターに歯のチェックをしてもらいました。ドクターから矯正を始めるには4本の歯を抜く必要があるということでした。歯を抜くのはまた別の歯医者で別途行くようになります。歯の抜歯費用に関しては下記に記述する費用にプラスでかかるとのことでした。矯正の方法はいくつかありここで紹介されたものは、Bracesと言われるワイヤー矯正Invisalign(インビザライン)と言われる透明のマウスピースで、私の歯の場合は表のワイヤー矯正を勧められました。私の希望はインビザライン矯正でしたが、私の歯では不可能と言われました。

    表ワイヤーが一番効果が早くて一番安いとのことで提示された金額が、7890ドル。一括払いでも分割払いでもOKでしたが、一括払いの場合は値段が更に500ドルほど安くなるとのこと。この値段はすべての費用が含まれていて、通院の際にお金を払うこともないし、追加で払うこともない、とのことでした。

    <クリニックBの場合>

    オーストラリア現地の友人に紹介してもらったクリニックBはレントゲンの機械が設備されているようでクリニックAのように事前に撮ってレントゲン写真を持参するということはありませんでした。問診票記入後、コーディネーターからの説明を受け、レントゲンの撮影、歯並びの写真を隅々まで撮られました。撮影された写真たちはスクリーンに映し出されます。ドクターが歯のチェックを行い、やはりここでも4本の歯を抜く必要があると言われました。しかしこのクリニックBはインビザラインを得意としているクリニックだそうで、クリニックAでは不可能と言われたインビザラインが私にもできるということでした。

    こちらのクリニックではインビザラインの方が安く、ワイヤー矯正の方が高いそうです。そうなるとインビザラインの一択!提示価格は、8870ドルでした。こちらでも一括か分割の支払いが可能で、一括であれば更に400ドル安くなるようでした。

    表ワイヤーで7890ドルかインビザラインで8870ドルか。矯正期間はどちらも18〜24ヶ月かかるということでした。

    悩んだ結果、クリニックBのインビザラインで矯正を始めることに決めました!

    約2年後には美しい歯並びになることを夢見て、、、


    よかったらシェアしてね!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる