MENU

    GOLD CLASS体験してみた

    映画鑑賞が趣味で主にネットフリックスで見ることが多いが、たまには新作を映画館で堪能したい日もある。

    そんなときは、ここオーストラリアで映画館といえばEvent Cinemaイベントシネマがどこに行ってもあるのでよく利用している。

    毎回行くたびに思うのだが、お値段設定もお高めの特別感のあるGOLD CLASSゴールドクラス。一体なにが通常のの劇場と違いがあるんだろうと、ただただ思っていただけだったが今回思いのほか安くチケットを購入することができたので、早速行ってみた。

    まずチケット購入後、GOLD CLASSの中に早速入ります。映画が始まるまでこのラウンジでゆっくりしてもいいですし、バーがあるのでドリンクや食べ物をオーダーすることができます。メニューを見る限りお値段もそこそこします。(ちなみに私はコーヒーだけオーダーしました。汗)ここで受け取るのではなく、映画が始まるタイミングで店員さんが直接席に持ってきてくれるので、お支払いの際に購入した映画のチケットを渡して見せて自分の席番を教えます。

    オーダーも済んだので、映画が始まる時間に近づいたので私もスクリーン場へ移動しました。まずこちらの席表を見る限り普段見ているスクリーン場に比べて席数がはるかに少ない!2席1組のリクライニングチェアで全部で48席のみでした。会場はいつもより小さいですし、スクリーンも当たり前ですが小さく感じました。

    リクライニングチェアは左横にボタンがあり背もたれ部分と足元の角度を調整することができました。前後の間隔がとても広いので後ろの人を気がねすることなく自分好みに調整できます。2席1組の席でテーブルが間にありました。(これ、知らない人と相席になることあるんだろうか?笑)

    開演時間となり新作映画の案内も終わって本編がスタートするタイミングでドリンクが運ばれてきました。リクライニングチェアだけあって、かなり心地の良い態勢で映画を堪能することができました。

    通常のスクリーンとGOLD CLASSのスクリーンの違いのまとめ

    ☆値段・・・Event Cinema自体、劇場や曜日にによって値段が異なるが通常のスクリーンで10ドル〜21ドル(差が大きいですよね汗)、GOLD CLASSは25ドル〜42ドルとお高め

    ☆座席・・・通常のスクリーンの方は、1列連なっている席でドリンクホルダーが片方にあるのみ。GOLD CLASSは2席1組の広めのリクライニングチェアで片側にテーブル(相席さんと兼用)ともう片方に小さなドリンク置き。

    ☆オーダー方式・・・通常のスクリーンで見る方は、チケット売り場横にある売店で自分でオーダーして自分で持ち込み。GOLD CLASSは、専用のラウンジに入るとバーがあるので自分でオーダーし(アルコール類も可能)、店員さんが映画始まると同時に運んできてくれる。

    最後に、行ってみた感想と本音。

    リクライニングチェアはほんと心地いいですよね〜。本当に快適でしたし、ラウンジがあったりオーダーしたものを運んでくれたりと、私にとってとても新鮮でした。また、利用するかと言われたらNOですが。(笑)なぜかというと、今まで何度もオーストラリアで映画館を利用したことありますが、ほとんどの場合がガラガラで窮屈に感じたことがありません。GOLD CLASSで1作の映画を見るよりも通常のスクリーンで2作の映画を見たいです。どうせ同じくらいの値段を出すのであれば。(笑)

    しかし特別な日に利用するのであれば特別感はあるのでオススメします!


    よかったらシェアしてね!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる